2019/09/01  カテゴリ 

イベント

幸福学の前野教授と考えよう!「幸福×イノベーション」ワークショップレポート

突然ですが、みなさん幸せですかー!?
胸を張って「幸せです!」と言える人はどれくらいいるんだろう?  と思ってしまうほど、
世の中は忙しさや閉塞感に覆われている気がします(私だけかも)。

そう、私自身、実は「今幸せです!」と言い切れない状況でして。でも周りには「俺、今チョー幸せ!」と言い切る人がいるのも事実。羨ましい限りですよね。
このおじさま方、いつも「ちょー幸せ!」と言ってそう

このおじさま方、いつも「ちょー幸せ!」と言ってそう

仕事だって子育てだって、上手くいかないことはあるし、「あーもう!」
と思うことも多々あります。でも、ストレスフリーのときは、数時間後にはそんなことはすっかり忘れ、目の前の仕事やものごとにやりがいを持って取り組める。どこからか湧いてくる「充実感」や「ま、いっか!」という感覚。

そう、私は今、「楽しい」「ま、いっか!」と思えていないんだな……
「その違いってなんだろう? なんとか今の状況から脱したいな……」

と思っていたら、「幸せ」を科学的に分析・研究している「幸福学」の第一人者、慶應義塾大SDMの前野隆司教授をお招きしたワークショップがあるとのこと!
前野隆司教授プロフィール

山口県出身。1984 年東京工業大学卒業、1986 年同大学修士課程修了。
キヤノン株式会社、 カリフォルニア大学バークレー校訪問研究員、 ハーバード大学訪問教授等を経て現在 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。 慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長兼任。 博士(工学)。専門は、システムデザイン・マネジメント学、 ヒューマンマシンインタフェースデザイン、システムデザイン・マネジメント学、 地域活性化、幸福学、幸福経営学など。
しかもテーマは「幸福学×イノベーション」。「これはもう、私のためのワークショップですよね?」と、ドキドキしながら勢い勇んで参加することに!

「幸せな人生」を手に入れる方法とは!? 「幸福」と「イノベーション」には密接な関係があった!

まずは前野教授による座学でのレクチャーから開始!アジェンダは以下の4つです。

1)イノベーションとは
2)協創とは
3)システム思考×デザイン思考とは
4)幸せの4因子(思考)とは、幸せとは
物ごし柔らかで笑顔が素敵な前野教授。会場全体が、真剣な...

物ごし柔らかで笑顔が素敵な前野教授。会場全体が、真剣ながら穏やかな雰囲気でスタート

4つ目の「幸せとは、をすぐに知りたい!」というのが私の心境でしたが(笑)、おとなしく最初から聞くことに。(当たり前だけど全てを聞いたからこそ納得できました!ちゃんと聞いてよかった!)

イノベーションと幸せの条件はとても似ている!
たとえば会社で「最近イノベーション起きていないな……」と感じるときは、社員が幸せを感じていない、ということ。わわっ!わかる。なんとなく肌感覚でわかる!

でも、逆に言えば「幸福を感じることができれば、イノベーションも起きる!」ということですね。
会場に集まった企業戦士の皆さんも、ツボを突かれて「う!...

会場に集まった企業戦士の皆さんも、ツボを突かれて「う!痛い!」と一瞬なりつつ、うんうん頷く

さて、今回の会場は、今回の企画を協働したパナソニック株式会社の工場跡地を利用して開発された「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」内にある「Tsunashima SST イノベーションスタジオ」。パナソニックさんが共創イノベーション拠点として地域に提供する、メーカーの最新技術が盛り込まれたコミュニティスペースです!

イノベーションってどうやって起きるの?必須条件を教えてもらいました!

さて気になる「イノベーション」が起こる条件は、以下の4つ。ふむふむ!

◆イノベーションが起こる条件
1)枠外思考
2)アイデアの必須条件
3)多様なチーム
4)共創

まず、枠外思考とは、「箱の中を調べ尽くすのではなく、箱の外にある可能性を探る」こと。枠を外せば誰でもイノベーションを起こせる可能性がある!

次にアイデアの必須条件は、
①見たことも聞いたこともないこと(=言われてみれば当たり前であること)
②実現可能であること
③物議をかもすこと(=賛否両論であること)

の3つ。

ふむふむ……「賛否両論」はなんとなく分かる。
実現可能である必要性もわかる。でも「言われてみれば当たり前」でいいのかな?
「見たことも聞いたこともないこと」=「言われてみれば当...

「見たことも聞いたこともないこと」=「言われてみれば当たり前のこと」です。と前野教授

ここで、分かりやすい例として 世界的な発明請負人である濱口秀司さんが手がけられた、プロジェクトエピソードをご紹介くださいました。

ある日、濱口さんは、某パソコンメーカーからの依頼を受け、「ユーザーが格段に使いやすくなる」仕様変更の提案をします。
しかし、依頼企業は「それそこまで必要?仕様変更はあまりに手間とお金がかかる」と全員が反対。

文字通り物議を醸すことに(条件③)
でも、実現可能ではある(条件②)
その方がユーザビリティに優れている(条件①)(言われてみれば確かに!)

結果的に、この3条件が揃った提案は実現!

その提案は、今や「当たり前」に活用され、きっと全パソコンユーザーがお世話になっているものです。

そう、それは「デスクトップのUSB差し口を側面に変える」というもの。
(なんと、昔はUSBの差し口は背面にあったんだって!知らなかった!差しづら過ぎー!)
側面にある事が当たり前すぎてそんな開発エピソードがあっ...

側面にある事が当たり前すぎてそんな開発エピソードがあったなんて思いもしませんでした

「専門家や企業は、知識量やこれまでの経験則・常識にとらわれ、どうしても枠の外に出にくい。だからこそ、多様なチームで考えることが必要」と前野教授。

多様なチームの活動成果として生まれる、外れ値である「ブレークスルー」をいかにキャッチできるか、捨てずに拾えるか。それが企業がイノベーションを起こす鍵!
ただし、パフォーマンスの平均値としては、均一集団の方が勝るとのこと。
企業として、何を優先するかですね。

日本人に合った共創方法は「“システム”דデザイン”思考」

「多様なチームで、必須条件のもとに共創」することがだいじ。
「共創」……? 聞いたことあるぞ。デザイン思考のマインドセット(基本的な心構え)ですね! と思っていたら……
「デザイン思考って、日本人にちょっと合わないんですよね」と前野教授。

では、どうしたらいいの!?

デザイン思考をもとにしたワークショップでは、自由にアイデアを出し合い、どんなアイデアもポジティブに受け入れます。アイデアの批判はせずに、質より量が重要。この「発散」のプロセスが、日本人にとってはどうも苦手なようです。
なかなかアイデアを出せなかったり、正しい答えを探したくなったりするのは、日本人の生真面目で奥ゆかしさを良しとする文化も関係していそうですね。
最初は様子見でみんな顔が硬い、確かによくあるワーク...

最初は様子見でみんな顔が硬い、確かによくあるワークショップ風景。笑

そこで、「とにかくアイデアをたくさん出してください!」と何度もワークショップ中に説明して意識付けすると、うまくいくのだそう。「枠」を決めて、ルールを作るのが日本人には合うようです。いっぽうで欧米人は何も言わなくてもアイデアをバンバン出すとのこと。

前野教授によれば、日本人に最適なのは「システム×デザイン思考」。
システム思考とは、わかりやすく言うと、決められたシステムの中でキッチリやること。日本人にとっては得意とする部分ですね。

「システム×デザイン思考」を詳しく知りたい方は、前野先生の著書『システム×デザイン思考で世界を変える』をぜひ読んでみてくださいね。

幸せだな、と思うことを「幸せの4因子」で分解する!

「幸せの4因子」を学んだあとは、幸せ探しにワークショップの旅へ……!
始める前に「幸せ」の分類について説明がありました。
「幸せ」には、「地位財型」と「非地位財型」の2種類があります。

①地位財型の幸せ
他人と比べての成功や勝利のこと。たとえば、金、モノ、社会的地位など。
「美味しいものを食べて満足!」とか「仕事で成果を出しボーナスウハウハ!(笑)」という状態。短期スパンでの心の動き、幸せ感です。

②非地位財型の幸せ
他人との比較は関係なく、自分自身が喜びや幸福感を得られる状態のこと。
「なんだかんだ私の人生、幸せだな~」としみじみ感じ入れるような心のあり方です。ロングスパンに渡る心の状態、いわゆる「well-being」(身体的、精神的、社会的に良好)。
「well-beingな状態こそ、社会全体の幸せにつながります」と前野教授。

今回重要なのは、まさしくこのwell-being!

well-beingに必要な心的要因を因子分析で明らかにし、わかりやすく表現したのが「幸せの4因子」です。

◆幸せの4因子
・自己実現と成長(やってみよう!因子)
・つながりと感謝(ありがとう!因子)
・前向きと楽観(なんとかなる!因子)
・独立とマイペース(あなたらしく!因子)

カッコ内は前野教授がよりわかりやすく表現したもの。子どもでもわかる表現が素敵〜!
「満足も不満も含め、人生全体に満足しているかどうか」がだいじなポイント。
うんうん、わかります! なんだかんだ幸せだなと感じられていると、失敗しても気を取り直せたり、人の失敗も許せたりする。だからこそ、次のチャレンジができますよね!

さて、幸福学を理解したところで、いよいよワークショップ開始!

自分では気づかなった幸せを、ワークショップでみつけよう!

ファシリテーターは、おなじみアルテナラの武丸さん。いつ...

ファシリテーターは、おなじみアルテナラの武丸さん。いつも笑顔が素敵ですね!

「今回のワークショップのねらいは、幸せについて、幸福学の視点から自分の状況をみること。自分の周り(仕事や家庭など周辺)との関係に幸福学をあてはめてみること」

①まずは自分が幸せと感じること、幸せと感じる場面を挙げていきます!

時には上を見上げて考えながらも、割とすらすら出てくる皆...

時には上を見上げて考えながらも、割とすらすら出てくる皆さん。頼もしい!

②挙げた項目を、自分で幸せの4因子に当てはめてみる!

書き出したところで、どの幸せ因子に当てはまるかを考える...

書き出したところで、どの幸せ因子に当てはまるかを考えるもののこれがなかなか苦戦(笑)

③貼り出して共有!(ちょっと恥ずかしい!)

皆さん「えー貼りだすの!?」と照れならも、なんだかんだ...

皆さん「えー貼りだすの!?」と照れならも、なんだかんだ積極的に貼っていきます

④みんなで考えよう!(これが大事なポイント。共創ですね)

ケーススタディとして、数名の方に発表

ケーススタディとして、数名の方に発表

ケーススタディとして、それぞれの方が幸せと感じたことを4因子に当てはめるときに難しかった点や、迷いなどをシェアし、みんなで考えていきました。

自分では気づかなかった意見から新しい気づきを得られ、これぞまさに共創と実感〜〜。

⑤そして、この笑顔!

もはやとにかく楽しかった記憶しかないのですが(すみませ...

もはやとにかく楽しかった記憶しかないのですが(すみません)、皆さん本当に終始笑顔!

こちらが、皆さんが自分の周り(仕事や家庭など周辺)との関係に幸福学をあてはめてみたワークシート。

「対象」は、会社(オフィス、職場)、まち、地域コミュニティ、プロジェクト、大学院、家族、など様々。
ワークシート1

ワークシート1

なかにはご自身が開発されているプログラミングアプリだったり、なぜか「電車」という人も。
車内での行動(たとえばFB投稿だったり、読書だったり)を幸せの4因子にあてはめる人もいました。みな、視点が違って面白い!

幸せを感じる瞬間については、「人から感謝された」「信頼された」「皆と目が合った」「人とゲラゲラ笑った」など、人とのかかわりに関することが比較的多かったですね。改めて「つながりと感謝(ありがとう!因子)」の大切さを感じました。
ワークシート2

ワークシート2

人とのつながりがあるからこそ、なんとかなる!やってみよう!と思えるし、自分らしさを発揮できるのかもしれませんね!

⑥前野教授の総評

総評もとにかく笑顔満載。これこそ幸福学!?

総評もとにかく笑顔満載。これこそ幸福学!?

ファシリテーターの竹丸さんからは、「幸せの4因子になかなか当てはめずらい(4つ全部は難しい)という印象でした。だからこそ、会社ではなかなか幸福感を得られなかったり、会社が幸せになるのは難しいと思いました。あえて幸せの4因子に結びつけることがだいじと思いました」と振り返り。

私、冒頭で「今幸せです!」と言い切れない状況で、「ま、いっか!」「楽しい!」と思えておらず「その違いってなんだろう? なんとか今のこの状況から脱したい」と告白しましたが、ここに答えがありました。
人生、いい時ばかりではないけれど、いつも「幸せの4因子」を意識していると、ズドンと落ち込まずにすみそうです。
もし、落ち込んだとしても「なんとかなる!」「 次に行こう!」 とポジティブにがんばれそうな気がしました。そして、どうしても自力で這い上がれない場合は、つながりに助けてもらえばいいんですよね。周りのひとに感謝して。
助けてと言えることは生きる力。「一人で頑張りすぎないこと!」「 なんとかなる!」 そう思えたら、「やってみよう!」に進めそう。求めていた答えの一つにたどり着きました。

「幸せの4因子」は筋トレと同じで、常に意識することが大切。私も、いつも意識できるように、トイレに貼っておこうと思います(笑)!

さて、二時間お疲れ様でした!乾杯〜☆(ワークショップの後は懇親会!)
かんぱーい!お疲れさまでした!

かんぱーい!お疲れさまでした!

この記事のキーワード:  

ワークショップ

幸福学