2020/11/20  カテゴリ 

きいてみた!

新しい「福祉のものづくり」の可能性とは? 障害のある人が共創して作る「デザインマスク」を取材してきた!

「福祉のものづくり」の可能性とはどういうものでしょうか?今回は、障害のある人たちと共にものづくりを行なっている、NPO法人麦わら屋さんにお話をうかがいました。

こんにちは、みんデザ編集部です!
今回は、群馬県前橋市にあるNPO法人麦わら屋さんにお話をうかがいました。
麦わら屋さんといえば、以前みんデザの記事で、「アート活動」の立ち上げについてご紹介しました。
(前回の記事はこちら↓)
「新プロジェクト始動!福祉作業所のアート活動を事業ベースに乗せたい! - みんなのデザイン思考」
今回は、ソーシャルアパレルブランドNODDとのコラボレーションで「デザインマスク」が誕生したという話を聞き、さっそく取材に行ってきました。もちろん、気になるアート活動のその後もお伝えします。
NPO法人麦わら屋
群馬県前橋市で障害福祉サービス事業所を運営し、障害のある人たちと共に日々活動をしている。活動内容は、内職作業、野菜づくり、メダカの養殖、味噌づくり、アート活動など。製品はオンラインストアでも販売を行なっている。
【公式Web】 http://mugiwaraya.sun.bindcloud.jp/
【オンラインストア】 https://mugiwaraya00.thebase.in/

マスクの製品化に挑戦!

まず、支援員の伴内さんにお話をうかがいました。
笑顔でお話ししてくださった伴内さん

笑顔でお話ししてくださった伴内さん

マスクの製品化のきっかけは、伴内さんが自分で作った「布マスク」を麦わら屋で着けたことでした。今でこそ様々な種類のマスクが手に入るようになりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で全国的にマスクが品薄状態の2020年2月頃のことでした。

伴内さん:ネットで「ダブルガーゼで作るマスク」というのを目にして、マスクが売っていなかったので自分で作りました。ものづくりは前から好きだったんです。自分で生地も購入しました。作ったマスクを事業所でも着けてみたのがはじまりでした。

手作りマスクを麦わら屋で着けてはみたものの、すぐに、マスクを麦わら屋の製品にしようという話にはなりませんでした。

伴内さん:3月に入り、コロナの影響で内職の仕事が減ってしまい、利用者※さんの手が空いてしまったんです。そこで、イベントとして、麦わら屋のみんなで一緒に、「手作りマスク体験をやりましょう」という話になって。みんなで作ることになったんです。それがきっかけとなり、その後、「麦わら屋でもマスクを作って販売しましょう」ということになりました。
新型コロナウイルス感染症の影響により、内職の受注が減るなど、障害のある人の労働環境にも大きな変化がもたらされました。その一方、マスクに対する消費者のニーズは急速に高まりました。こうした社会の変化や消費者のニーズに素早く対応し、新しいプロジェクトとして動き出した「布マスク」の製品化。利用者のみなさんはどのように取り組まれたのでしょうか。

伴内さん:利用者さんは「手作りマスク体験」で、すでにマスク作りを経験していたので、製作の流れがわかる人も多く、「ゴム通しならできます」など、みんなでできることを分担しながらやりはじめました。

マスク作りは、生地を切る、縫製する、アイロンをかける、袋に詰めるなど製作工程が多いため、それぞれの利用者の方の得意なことを活かして、作業を分担しました。例えば、利用者の小林さんは、最後の糸処理の工程を担当しています。マスク作りを通して、小林さんの「特に縫われた後の糸を処理するのが好き」という気持ちと、糸を切るといった細かい作業が得意なことが新たにわかりました。
※「利用者」という呼称について
NPO法人麦わら屋が運営している「障害福祉サービス事業所」は、障害者総合支援法に基づき、障害のある人たちに、就労継続支援という「障害福祉サービス」を提供しています。そのため、障害福祉サービス事業所内において、障害のある人たちは、障害福祉サービスの「利用者」として位置づけられています。
利用者の方の得意なことを活かして作業を分担しています

利用者の方の得意なことを活かして作業を分担しています

さらに、利用者の方だけでなく、普段は調理員として働く高橋さんも、得意な縫製の技術を活かし大活躍されました。
「作ることが好きなのでマスクづくりは楽しいです」と話し...

「作ることが好きなのでマスクづくりは楽しいです」と話してくださった髙橋さん

麦わら屋では、障害の有無に関係なく、同じ働く仲間として職員も利用者も全員が得意なことを活かし、ものづくりに取り組んでいます。

NODDとのコラボレーションに発展

こうしてマスクの製品化が軌道に乗りはじめた頃、ソーシャルアパレルブランドNODDから、「NODD仕様のマスクを作って販売しましょう」というコラボレーションの依頼がありました。

“福祉のものづくり”と“ソーシャルアパレルブランド”のコラボレーション。完成までの道のりはどのようなものだったのでしょうか?実際にNODDとやり取りをされた、理事長の小野さんにお話をうかがいました。

小野さん:NODDさんにプリーツの布マスクをつくって販売していることを話したら、「面白いですね。うちオリジナルのものを作れないですか?」と言われたのが、4月ぐらいでした。そこでNODDさんにマスクを送ったところ、「こういうのできないですか?」と聞かれ、そこから生地や色の指定など、何回かやりとりをしました。
NODDは、障害のある作家のアート作品をデザインとして取り入れ、売り上げの5%を社会貢献として障害のある人に還元していているソーシャルアパレルブランド。障害のある作家とのコラボレーションを積極的に行なっています。そんなNODDと麦わら屋のコラボレーションは、実は今回が2回目。前回は、麦わら屋のアート作品を使ったTシャツが販売されました。

【NODD ホームページ】 https://www.nodd.jp/
麦わら屋のアート作品を使ったコラボレーションTシャツ

麦わら屋のアート作品を使ったコラボレーションTシャツ

Tシャツは、すでに完成していたアート作品とのコラボレーションでしたが、今回は、オリジナルマスクを一緒に開発するところからスタートしました。

NODDのオフィスは東京にあるため、マスクの生地やゴムの太さ、アジャスターの仕様について、オンラインでやり取りを重ね、麦わら屋でプロトタイプを作って郵送するという形で進められました。プロトタイプ作りを何度も繰り返し、ついにNODD×麦わら屋の「デザインマスク」が完成しました。
プリーツ型から立体型に変えたプロトタイプ

プリーツ型から立体型に変えたプロトタイプ

ドライ生地を使ったプロトタイプ

ドライ生地を使ったプロトタイプ

完成したNODD×麦わら屋の「デザインマスク」 

完成したNODD×麦わら屋の「デザインマスク」 

プロトタイプ作りを何度も繰り返すというのは、デザイン思考にも通じますね!福祉以外の業種とのコラボレーションから、障害のある人の新しいものづくりの可能性を感じます。

完成した「デザインマスク」はすぐに完売し、追加生産するほど大人気商品に。さらに、NODDの取り組みに賛同したレーシングチームとのコラボマスクにも発展し、その縫製も麦わら屋が行いました。

こうした展開は、利用者の方にとっては仕事の新たなやりがいにつながっています。利用者の桑原さんは、「自分が作ったマスクを他の人に使ってもらえるのが特に楽しみです」とおっしゃっていました。

NODDから刺激を受け、麦わら屋も夏のヒット商品が誕生

一方、売れ行きが順調だった麦わら屋の「布マスク」ですが、暑くなるにつれ徐々に売れなくなっていました。そんな時、NODDからコラボレーションの依頼があり、そのやり取りがきっかけとなり、麦わら屋も生地や形を変え、夏用の「クールマスク」を開発することになりました。

小野さん:最初はプリーツマスクを作っていたのですが、NODDさんが立体マスクの方がよいということで、NODDさんから試作品用の生地が送られてきました。それがきっかけで、麦わら屋で販売しているマスクの素材も夏用に変え、「クールマスク」が夏のヒット商品になりました。

プロトタイプ作りを通してお互いが刺激を受けたことが、麦わら屋の新しいヒット商品の誕生につながったのです。現在は、冬でも使える、麦わら屋のアート作品をプリントしたオリジナル生地を使った「アートマスク」を新たに開発し販売しています。
新作の「アートマスク」を着けている理事長の小野さん

新作の「アートマスク」を着けている理事長の小野さん

共創する「福祉のものづくり」の可能性とは?

「デザインマスク」のコラボレーションをきっかけに、現在は新たにNODD×麦わら屋で「エコバック」の開発が進められています。

小野さん:今は、NODDさんと「エコバック」の開発のやりとりをしています。これからもアパレル関係とコラボレーションしていきたいですし、自分たちに出来そうなことであれば、新しい事業にも取り組んでいきたいです。

福祉の枠にとらわれず、常に新しいことに挑戦し続けている麦わら屋。他者を受け入れながら共創していく姿勢は、ものづくりのプロセスだけでなく、麦わら屋の組織のあり方や法人としての戦略の中にも埋め込まれているのかもしれません。

お忙しいなか、インタビューにご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

NODD×麦わら屋の「デザインマスク」は、NODDのオンラインストアから購入できます。読者のみなさまも、おしゃれに社会貢献してみませんか?
(NODDオンラインストアの商品ページはこちら)​

そして、これからの麦わら屋の新しい挑戦もお楽しみに!
この記事のキーワード:  

共創