2020/07/10  カテゴリ 

きいてみた!

楽しみながら改良を続ける! デザイン思考な日本のモノづくりを取材してきました!

デザイン思考な企業を取材しお届けするシリーズ企画。今回は、ピンチをチャンスに変えた日本のモノづくり現場をご紹介します!株式会社新上さんにインタビューをしました。

こんにちは、みんデザ編集部です!
今回は、日本のモノづくり現場のご紹介です。

ある日のこと。メンバーの新上からこんなメッセージが。
「僕(新上)の名字と同じ名前の会社を発見。しかもデザイン思考でモノづくりをしているらしいのです。」

「なにそれ、おもしろい!」

さっそくホームページを拝見。ほんとだ、「システム思考とデザイン思考で『おもしろいモノづくり』を追求」って書いてある!
(株式会社新上オフィシャルホームページより)

(株式会社新上オフィシャルホームページより)

どんなふうにデザイン思考を取り入れているのでしょう? 
気になります。さっそくお話を伺ってきました!

プラスチック射出成形って何ですか? 

迎えてくださったのは、 曽我部大社長(以下:曽我部社長)と、企画営業の曽我部光さん(以下、光さん)です。よろしくお願いします!
左:代表取締役の曽我部社長、右:企画営業の曽我部光さん

左:代表取締役の曽我部社長、右:企画営業の曽我部光さん

<会社概要>株式会社新上(Shinjo Co., Ltd)
代表者名/曽我部 大、所在地/【本社工場】千葉県柏市正連寺272-1中央8街区4、 設立/1962年03月21日、従業員数/30名、事業内容/プラスチック射出成型、商品開発、設計、デザイン、グッズプランニング
――みんデザの“新上”です。この度は“新上”さんにお伺いできて光栄です!(前のめりで嬉しそう)さっそくですが、まずは御社の事業内容を教えてください。

曽我部社長:遠いところをお越しいただきありがとうございます。株式会社新上は、プラスチック製品の製造(射出成形)会社です。商品開発、デザイン、グッズプランニングもしています。祖父の代に墨田区向島で創業して56年、私で三代目になります。

――「射出成形」とは、どういったものでしょうか?

光さん:「射出成形」は、溶かしたプラスチックに圧を加えながら金型に「射出」して製品を作る工法です。日常生活で使うプラスチック製品の多くが、この方法で作られているんですよ。
射出成型機とは、こんな機械です!

射出成型機とは、こんな機械です!

――製品としてはどのようなものを作られているのですか?

曽我部社長:メインは家庭雑貨です。うちはちょっと特殊で、どちらかというとデザイン寄りのものが多いですね。写真は残念ながらNGですが、たとえばこんなのとか......(実際の商品を見せながらご説明くださる)、ブラシやお掃除グッズでも、デザインをちょっとよくしたい、という相談が多いです。

――これはインテリアとしてもいいですね。なぜ、新上さんにはデザイン雑貨の相談が多く来るのでしょうか?

曽我部社長:たとえば、多くの成形品が厚さが1ミリから3ミリくらいです。それくらいの厚みがプラスチック成型の主流なんです。デザイン性を出そうとすると厚みが出やすいので、普通の成形メーカーはあまりやりたがりません。そして、私はもともと玩具デザインをやっていたので、デザイナーの意図を汲み取りやすいのかもしれません。

――なるほど、それで新上さんに話が多く来るんですね。なぜ、厚みがある成形は敬遠されるのでしょうか?

光さん:厚みを出そうとすると、気泡が入ってしまったり、「ひけ」と呼ばれる成形工程のへこみがでやすかったりするのです。つまり、不良品になりやすいのです。手間もかかりますし、なかなか難しいと思います。

飽くなき探究心の積み重ねが、大きな変化を生む

――厚みのあるプラスチック成形は手間もかかり、どこもあまりやりたがらない。なぜ、新上さんでは対応しているのか。もう少しお伺いしたいです。

たとえば、こちらのバードコールは、厚みがあるというより……もはやまんまるですよね。ホームページで拝見して、プラスチックでこんなものまで作れるのかと正直驚きました。これはどのような経緯で製作されたのでしょうか?
しっぽを軽くこするように回すと、鳥のさえずりに似た音が...

しっぽを軽くこするように回すと、鳥のさえずりに似た音が出せる“バードコール”。とてもクリアで、最初はガラス製かと思いました。

曽我部社長:これは、見本市での商談で、この人(光さん)が「できます」って答えてきちゃったんですよ。

光さん:答えてきちゃったというか……(笑)これは関西のクライアントさんからのオーダーです。関西圏の成形会社さんには軒並み断られたそうで、見本市でご相談があり「うちならできると思います」と答えました。

――なぜ、できると自信を持って言えたのですか?

光さん:日頃から、厚みのある製品を試行錯誤して作ってきましたし、ノウハウも蓄積されていますので「うちならできるだろう」と思いました。

曽我部社長:以前、ある製品を作ったときに、材料メーカーさんが「本当にそんな厚さでできるのか?できるのなら見せてほしい」と製造現場に来られたこともありました。そのくらい、厚みのあるものは難しくて、10社のうち9社は断ります。でもやろうと思えば誰でもできるんですよ、機械さえあれば。

――でもやらないのはなぜでしょうか。

光さん:手間がかかりすぎると思っている方が多いと思います。やり方がわからないという場合もあると思うんですけど......。

曽我部社長:うちはどんな相談でも、クライアントとディスカッションを重ねながら、まずは「どうしたら形にできるか」を考えます。もちろん技術的に無理なことはしっかり伝えますが、「デザイナーの意向をくみ取り、成形側のアプローチからデザインを実現できる方法を提案する」、それが新上の基本スタンスです。

――制約があるなかで、対話を重ねて、お客様が求めるアイデアの実現を共に探求する......まさに「デザイン思考」ですね。

曽我部社長:「デザイン思考」は学問として勉強したわけではないのですが、もともと当たり前のものとしてやってきています。「デザイン思考」という言葉をよく耳にするようになり、調べてみたら「これ、うちでやってる事だよね?」と。

――「お客様のニーズを実現しようとする“姿勢の積み重ね”」が、大きな違いを生み出しているように感じます。

曽我部社長:おっしゃる通りです。たとえば20年ほど前、お客様から「一色を500個ずつ作りたい」などの要望が出始めました。プラスチック射出成形は、もともと何百万個も作らないと採算が取れないビジネスモデルでしたから、当然、どこもやりたがりません。でも、私は「これからは細かなニーズに対応していかないとダメだ」と現場を説得し、お客様の声に対応していきました。

そして、気が付いたら肉厚ものが得意になり、透明ものが得意になり、少ロット生産も得意になっていました。時代の変化で成形メーカーもだいぶ減りましたが、私たちはおかげ様でこうして事業を続けられています。まさに、お客様に鍛えられました。

――「お客様に鍛えられた」いい言葉ですね。技術者たちとのやり取りも、いろいろと大変だったのではないでしょうか。

曽我部社長:それはもう戦いでしたね。大げんかしながらやってましたよ(笑)

光さん:でも今では、金型メーカーさん(成形用の型を作る人・会社)が知恵を出してくれるようになりました。「形を活かすための金型をどうつくるか」を一緒に面白がりながら作っています。

曽我部社長:難しい製品が多いので、現場のスタッフには怒られるんですけどね(笑)

光:同業の仲間からも「難しいのは新上さん」と話がまわってきたりします。

――それは立派なブランディングですね!

考え方の原点は「これが嫌!をなくす」「視点を変える」「面白がる!」

――曽我部社長が大切にしている考え方を、お聞かせください。

曽我部社長:とにかく「楽しんでやる」ことですね。現場の人間には「今あるものごとを当たり前とは思わずに、斜めから見たり、ぶっ壊したりしてごらん」と話しています。既成概念を取り払うのは、自分でも難しいことです。

――その思考の原点はどこから来ているのでしょう?

曽我部社長:私自身、「使いづらいものをそのまま使う」ことに我慢ができないたちなんです。だから、財布でもなんでも、切り離しちゃったり、ポケットとったり、そういうのは日常的に、買ってすぐやっちゃいます。

光さん:その手帳も、社長が自分で改良したものですよね。いつもこんなことをしては、うまくできたって喜んでます(笑)

――デザイン思考でいう、「人間中心設計」の原点ですね!
曽我部社長のカスタマイズ手帳。どおりで使いやすそうな手...

曽我部社長のカスタマイズ手帳。どおりで使いやすそうな手帳だなと思ってました!

――そういえば、ギター関連のオリジナル商品(※)も展開されていますね。
(※アコースティック・ブルースギターの第一人者、打田十紀夫氏監修)

曽我部社長:40歳になって、我流のギターに限界を感じてブルースギタリストの打田先生に入門したんです。すると、自分だけでなく、みんながギターピックに不満を持っていることがわかったんです。とにかく硬いし、サイズもひとつしかなく、一時間も弾くと涙が出るくらい痛いんですよ。
師匠の打田先生も「本当に気に入らないけれど、世の中にこれしかないから我慢して使ってる」と仰るので、それなら自分が作ると開発を始めました。
(株)新上のオリジナルサムピック「TAB Specia...

(株)新上のオリジナルサムピック「TAB Special」を試しづけさせていただきました!

――すごい数の試作品ですね。先生にも使っていただいて、プロトタイプのテストを繰り返したのでしょうか?

曽我部社長:もちろんです。なかなか師匠のOKが出ず、スケッチを描き、パターンを作っては実験を繰り返し……完成まで1年以上かかりました。

――特許も取得されていますね。どの辺りがポイントですか?

曽我部社長:スリットを入れることで「固定」と「解放」を同時にできる点です。考えるのは、すごく簡単なことですよ。ただ、実際に作るには、金型のことも成形のことも熟知していないとできません。

――このピックの制作プロセスこそ、デザイン思考そのものと感じます。「痛い」というギターピックの問題点を、手を動かして作りながら、改善したという。

曽我部社長:このギターも……実は改良して切っています。長期出張で中国に行くので、ホテルで弾きたいんですが、スーツケースに入らない。ならば「切っちゃえ」とカスタマイズしました。

↓こちら、切られたマーチンと曽我部社長
「これくらい切った」と説明してくださる様子。どうりでち...

「これくらい切った」と説明してくださる様子。どうりでちょっと変わったギターだなと……

――「入らないから切っちゃおう」という発想がすごいです。普通、まさか切ろうとは思わないですよね。音は変わらないですか?

曽我部社長:やっぱり使いづらいものをそのまま使う、というのが我慢できないんですよ。音はとても小さくなりましたが、ホテル仕様なので丁度いいですよ(ポロリン〜 ギターの音)。
極端に言うと,大した音がなくてもいいと思ってるんです。スーツケースに入って、長期のホテル滞在中に指の練習ができればいい。

――そんな社長の姿を見て、社員の皆さんはどんな反応をするのでしょうか。 

曽我部社長:「社長、なにをやってんだ」って、笑っています(笑)

光さん:(笑ってますが)でも、社長の姿勢から影響を受けていますね。たとえば、製品制作でうまくいかないときに、どうするかをいろいろと考えて、専門外のパーツを全部自分たちで一から作ってみるとか、しています。

曽我部社長:実際は、そんなに簡単には作れないんですよ。素人ですから。でも、だんだんと自作できるようになるんです。

――「こうしたら直せるんじゃないか」という視点からの行動ですね。

曽我部社長:だからいいなと思っています。社員には、「面白がってそうしたことに取り組むことで、結果的に効率や出回りがよくなったり、いいことがたくさんあったりするから、見たものをそのままではなく、“何かできるのでは”と常に考えて」と話しています。

ピンチはチャンス! 移転で保育所を新設、経営にも遊び心と思い切りを生かす

――会社に企業内保育所を併設されています。どのようなきっかけで始められたのか、教えてください。

曽我部社長:きっかけは、工場前の道路拡張によって移転を与儀なくされたことです。この辺りは大きな工場や商業施設もあり、待遇や職場環境では勝てません。目を使う作業も多いので高齢化の課題もあり、若い人たちを集めるにはどうしたらいいかと考えました。

――保育園を併設したことで、変化はありましたか?

光:驚くほど変わりました。求人への応募が増え、社員の平均年齢も大きく若返りました。以前は下は40代から上は80代でしたが、今は20代なかばから、30代前半の方がメインです。うち、半数がお子さんを保育所に預けています。
ホームページには、スタッフのお子さんも一緒に写った写真も

ホームページには、スタッフのお子さんも一緒に写った写真も

――結果として、大成功ですね。しかし、かなりの大きな決断だったのではないでしょうか。

曽我部社長:「どうせ移転するならまた別のことをやりたい」という思いもありました。決断に至るまでにはいろいろな事が重なっています。応募が来るか来ないかは実施する前にはわからないので、正直祈るような気持ちでした。でも、たまたま、私には子供が4人いて、そのうち3人が幼稚園の先生をしていたんです。それなら思い切ってやってみようと。

――社内に反対意見はなかったのでしょうか?

曽我部社長:誰も反対しなかったですね。みんな喜んでました。娘も「うちで保育園やるんだったら」と勤めていた園を辞めて来てくれました。

光さん:「社長が言うならやってみよう」という感じでしたね。
併設保育所スタッフの皆さん。写真左に写る施設長は次男の...

併設保育所スタッフの皆さん。写真左に写る施設長は次男の亮さん(株式会社新上ホームページより)

曽我部社長:正直、あのまま経営していても、お先真っ暗だなという思いもあったんです。移転についても当初は嫌でしかたなく、どうしたらいいんだろうとずっと考えてました。工場を引っ越すって、大変ですから。

――思い切ってチャレンジしたからこそ、ピンチをチャンスに変えられたんですね。
では最後に、会社のビジョンとして曽我部社長が一番大切にしていること、今後新たに取り組んでいきたいことを、それぞれ教えてください。

曽我部社長:やはりものづくりですから、面白いもの、いいものをつくりたい、というのが根底にはあります。そして、そのものづくりをみんなで楽しめることが一番大事だと思います。

新しい事業のために、実は、ひと部屋あけてあるんです。そこで何かやりたいと思っています。その「何か」は、まだ検討中ですが「ものづくりだけれど、なにか違うもの」ができたらと考えています。
せっかく保育園もやっていますので、いずれ育児をサポートするものも商品化したいね、とも話しています。

我々は作ることはできるので、新しく作るものを探し続けることです。その中から世の中に必要とされるもの、本当に商品化できるものを生み出していく。そして、お客様と一緒により良いものをつくっていく。そこはやはり、変わらずにやっていきたいと思います。
【編集後記】
社名が自分の名字と同じ、そんな偶然(!?)から始まった取材でしたが、新上さんは、すべてがデザイン思考の会社でした。取材していて、一番心に残ったのは、会社の空気。和やかな社員さんが多く、ふんわりとした感じがしながらも、工場エリアでは皆集中して作業をしている。こういった場だからこそ、共創によるモノづくりができるんだな、と思いました。
この記事のキーワード:  

商品開発

ユーザー中心設計

ものづくり