2020/06/29  カテゴリ 

やってみた!

アフターコロナの広告のあり方を考えよう!第1回|イベントレポート

このワークショップの企画では、老舗CM制作会社に「イノベーションを起こそう!」ということで始まった企画で、メンバーたちが新しい視点を持ち、自ら動いていけることをゴールとしています。

こんにちは!みんデザ編集部です。

今回は、みんデザが主催となり、「アフターコロナの広告のあり方を考えよう!第1回」を開催しました。

「ウィズコロナ」と呼ばれる時代、わたしたちの日常は刻一刻と様変わりしています。目の前の危機におびえているだけでなく、この先の時代に目を向け、思考を進めていかなければいけません。

今回のワークショップは、大手CM制作会社である株式会社ティー・ワイ・オー PRO2のみなさんにご参加いただきました。このワークショップの企画では、老舗CM制作会社に「イノベーションを起こそう!」ということで始まった企画で、メンバーたちが新しい視点を持ち、自ら動いていけることをゴールとしています。

何度かオフラインイベントを開催していましたが、今回は外出自粛ということで、初オンラインイベントを開催することにしました。

第1回目は、まず現状のコロナの状況についてどう感じているかと向き合い、ディスカッションすることからはじめました。

参加者はまず最初に、みんデザメンバーの「アフターコロナにおける広告のあり方について」のキーノートトークで、前提知識をインプットしました。

テクノロジーで、人の行動様式から先に変わっていく

コロナによって、テレワーク、Web会議、オンライン授業など、今までのあり方が変わりました。このような環境下では、ついテクノロジーで何が実現できるか、という議論をしてしまいがちですが、「テクノロジーと人間の関係は、固定的ではない」という前提を理解しておくことが大切です。

関係が固定的とは、どういうことか。それは、つまり機械に何ができるか/できないかを考えるのではなく、「テクノロジーによって起こる身体性の変化を考える」ことです。

これだけだとイメージがつきにくいので、過去テクノロジーによって私達の行動様式はどのように変化したのか、「ウォークマン」「パソコン」「小説」「絵文字」の題材を例に解説していきます。

ウォークマン

ウォークマンは、1979年にソニーから発売されました。なかなか、今だとあたり前すぎて革新的と思えませんが、当時は「音楽が持ち運べる」と話題になりました。

ここで何が変わったか。それは「音楽が尊敬の対象から、自分の生活の一部(BGM)になった」ということ。音楽そのものを聞くのではなく、自分の気分に合ったものをチョイスする感覚で音楽を選ぶようになったのです。

パソコン

昔は原稿を書くときは原稿用紙を使うことが一般的でした。しかし、パソコンの登場により、横書きが当たり前に。ここである変化が起こりました。

それは「一文が短くなったこと」。視認性の問題で、横にぎっしりと文字がつまっていると、読みにくくなります。パソコンという媒体に変わったことにより、見え方、心地よさが変わったのです。

ケータイ小説

続いて、2005年にヒットしたケータイ小説「恋空(こいぞら)」を題材に。「恋空」とは、小説家である美嘉さんが書いたケータイ小説で、2006年に書籍化決定、2007年漫画化と映画化、2008年テレビドラマ化され、2010年には200万部を突破した大ヒット作です。

ケータイ小説とは、無料ホームページサービス「魔法のiらんど」上で掲載された小説のことで、だれでも投稿することができます。

そのため「恋空」に限らず、ケータイ小説の多くは、一般的な小説の様式とはかけ離れたストーリー構成になっていました。ではなぜ、これが若い人を中心に大ヒットしたのでしょう?それは、まさに読み手がテクノロジーによって感覚が変わったから。まさに、ケータイの作法に最適化された作品だったのです。

絵文字(EMOJI)

最後が、iモードの絵文字(EMOJI)について。絵文字は、感情のやり取りが可視化された歴史的なツールです。その後、形を変えてLINEのスタンプに継承されました。従来のメールなどのテキストコミュニケーションは返信するのがマナーでしたが、LINEが普及したことで「既読スルー(今はあえて返さない)」「未読スルー(あえて読まない)」など、個々のタイムラインに合わせた多様な返信方法が生まれています。

オンラインコミュニケーションで何が変わるか?

個性あふれる参加メンバーはこちら!

個性あふれる参加メンバーはこちら!

ここから本題。オンラインコミュニケーションが活発になると、これからどのような変化が起こるのでしょうか?みんデザメンバーは「虚構の自分が強化されていく」と考えます。

ウェビナーやオンライン会議だと、常に自分の顔を見ながら話すことになります。自分の顔を常に見るのは苦痛です。だから、皆、少しでもよく見せようと照明を駆使したり、加工アプリを使ったり、背景を変えたりするようになるかもしれません。または表情を誇張したり、オーバーリアクションしたりするなど、演技的に振るまうことも増えてくると思っています。

確かに、相手は画面の中に存在しているわけで、実際に、筆者もオフラインと同じような相づちで話を聞いていたら「電波悪いですか」と不安がられた経験があります。

このように、相手の表情が読めない、見ているかよくわからない、そのような状況で、今後、人の身体性はどのように変容していくのか。今後のクリエイティブや広告を考える上でとても重要なポイントになるでしょう。

コロナを通して感じた「危機/良かったこと」をみんなでシェア

アフターコロナにおける広告のあり方の前提知識が共有できたところで、ここからは、デザイン思考を使ったワークショップに移ります。第一回目では、デザイン思考の最初のプロセス「共感」を実践。まずはこのコロナの現状を把握し、意見をブレストしていきます。

今回は、Zoomの「ブレイクアウトルーム(小部屋機能)」を使い、3つのグループに分けて、オンラインでブレストに挑戦。テーマは以下の2つ。筆者はグループ1に参加しました。

・コロナ感染が広がる今、「危機」であると思うことは何ですか?
・外出自粛や移動制限によっておきている「よいこと」は何?
グループごとにブレストしていきます

グループごとにブレストしていきます

 (1313)

最後に、グループでシェアした内容を踏まえ、発表していただいた意見がこちら。

「危機」であると思うこと
・情報であふれかえり、取捨選択が難しい
・失業者、犯罪者の増加
・求められる能力の変化(特にデジタル)
・仕事がなくならないか不安
・運動不足、身体のコリ・痛み
・学力の低下
・地震や台風の恐怖(避難所でさらに感染が増える)
・病院に行くのが怖い
・ライブハウスやミニシアターなど、エンタメ文化存続の危機

etc…

外出自粛や移動制限で起きている「よいこと」

・家族との大切な時間をとれるようになった
・新しい趣味ができた
・子どもたちに自分の働いている姿を見せてあげられる
・キャッシュレス化
・自分のプライベートを大切にするようになった
・近所の公園、遊歩道、お店など、面白いものは身近にたくさん
・日用品や洋服を買い換える、カスタムする(ものの大切さ)
・浪費をすることが少なくなった、必要なものだけ購入するようになった
・移動距離が減って以前よりも時間が増えた
etc…

危機の部分では、自分ごとというよりは社会のことが、良いことでは自分に矢印が向いていた印象でした。
私が議論に参加して感じたことは、今回の外出自粛の状況になって、身近にある自分の大切なものに気づけた方が多かったということです。

例えば……

・大量生産される商品を使うのではなく、職人さんが真心込めてつくった食器を買う
・スーパーではなく、近くの商店(お肉屋さん・お魚屋さんなど)で食材を買う
・出来合いのものではなく、自分や家族のために料理をする


など、今までなら見過ごしてきた選択を、ていねいに大切に選ぶように変わっていった、そんな印象を受けました。

まとめ:ピンチをチャンスに。今は変化の局面

参加者みなさんのブレストで見えてきたのは、自分自身も自粛生活をしているユーザーとしての一面でした。コロナによる経済的ダメージは、日本国内だけでなく世界にまで波及しています。外出自粛が解除されたあとも、感染はゼロになることはなく、わたしたちはコロナとともに生きていく「ウィズコロナ」を覚悟しなければいけないということでしょう。

ファシリテーターからは、「ピンチをいつまでも嘆くばかりではなく、それをどうチャンスに変えるか、という思考をしていくことも大切です。周りの人と今における危機や良いことなど、感じていることをおしつけるのではなくシェアすることが重要だと思います。
今は、全員ゼロのスタート時点に立っているフラットな時期です。ぜひ、会社、家族のみなさんで、共創をしていきましょう。」というまとめがありました。

チーム毎に、このワークショップの最終目的である「今だからこその新しいPRO2の企画」のプロトタイプのプレゼンへ向けて、動きだしました。
ここで宿題が!第二回目までに個人で「共感マップ」なるものを作成してくるとのこと。
共感マップ

共感マップ

「共感マップ」とは、ユーザーが「何を考え・聞いて・見て・行動して・不安に思って・得ているのか?」ということを1枚にまとめたものです。

今日の現状把握から、みなさんどんな共感マップを作成してくるのでしょうか。楽しみですね。
第二回目では、「共感マップ」をもとに「問題定義」「アイデア創造」のプロセスを取り組みます!