2020/05/21  カテゴリ 

よんでみた!

「デザイン思考」は幸せに生きるためのライフスキル 。佐宗邦威『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の猛威が、全世界を覆っています。このウイルスの出現により、私達の生活は、数ヶ月前には想像でもできなかった、大きな変化を経験しています。
「#stayhome」のこの時期に、ぜひ手にとってほしい本があります。それは『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』(クロスメディア・パブリッシング)です。今、自分なりのイノベーションをおこす思考法が、みなさんの役に立つことを願って、ご紹介します。

著者・佐宗邦威氏とは?

本書が出版されたのは2015年。私の肌感覚で恐縮ですが、ちょうどその頃くらいから、これまでベンチャー界隈など一部の分野で注目されつつあった「デザイン思考」が、より一般に認知されてきた頃だったと思います。
「デザイン思考」を使ったら革新的なアイディアが湧くらしいよ、新規事業やビジネスに取り入れていこう、という空気感が漂ってきたようなタイミングだったと思います。

著者の佐宗邦威氏は、現在はデザイン思考などを用いた商品開発やリブランディングに取り組む共創型戦略デザインファームBIOTOPEの代表をされています。

東京大学法学部を卒業後、外資系消費財メーカーで、論理的思考を武器にブランド・マーケティングの仕事をしていました。その時、既存のビジネスを回すだけではなく、市場のルールを変えてしまうようなイノベーションを起こすことができる一流のマーケターになりたいと思い、模索しはじめます。

試行錯誤を続ける中、ダニエル・ピンク著『ハイ・コンセプト』という本に出会います。その中では、新しいことを考え出す人の時代における「6つの感性」として、共感、デザイン、物語、遊び心、全体の調和、意義、が挙げられていました。
21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

このような「6つの感性」を磨くには「デザイン思考」が必要だと感じ、本格的に学びを進めるため、イリノイ工科大学デザインスクール(ID)に留学します。

その時の留学の様子は、フェイスブック上のブログ「Design School留学記~ビジネスとデザインの交差点」(https://www.facebook.com/DesignSchoolLife/
で公開され、オンタイムでデザイン思考を学べる大学院のリアルな情報が掲載されていました。本書はこちらのブログをベースに書かれています。仲間と一緒に課題に取り組みながら思考法を磨いていった学生生活の様子とともに、デザインスクールの授業内容、メソッドやフレームワークが多数紹介され、きわめて具体的かつ実践的です。

実際に授業で使用されたポストイットやスケッチメモ、文房具なども豊富なビジュアルとともに紹介されていて、見ているだけで自分も参加しているような気分でワクワクしてきます。

本書はchapter0~6の全7章で構成されていますが、その中でも特にこれからの未来を生き抜くために必要な、デザイン思考の「思考法」と「ライフスキル」について、参考になる箇所を紹介したいと思います。

右脳と左脳の両方を活用したハイブリッド思考とは?


第1章では、デザイン思考の1丁目1番地、「デザイナーの思考法」について紹介されています。

思考法というと、ロジカルシンキングなど左脳による論理的思考が有名ですが、IDに通うデザイナーが目指す思考スタイルは、左脳と右脳の両方を活用した「ハイブリッドな思考」です。

それは、左脳の論理力と、右脳のイメージ力を両方バランス良く使いながら、自分ならではのユニークな切り口を出すという、創造=「知的生産」を日々実践することです。

ハイブリッド思考を成り立たせている「インプット」✕「発想のジャンプ」✕「アウトプット」という3つの要素の変数を、限られた時間を有効に使いながら、それぞれの質を高めていくことで、知的生産性が大きく上がっていきます。
佐宗邦威『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』(クロスメディア・パブリッシング) (1191)

ハイブリッド思考を成り立たせている「インプット」「発想のジャンプ、」「アウトプット」というのは、以下のように定義されています。

インプット:大量のビジュアルデータを集める、現場での観察、インタビューなどの一次情報を元にしたビジュアルシンキング


ジャンプ:発想を飛躍させるために強制発想(新結合)や弁証法的思考、まったく違うものに共通点を見つけるアナロジー(類推)思考、前提を壊す

アウトプット:1枚で表現するという制約を設けたフォーマットを使う、ストーリーテリング、パワーポイント以外の体験の可能性を考える(即興劇、モックアップ)

それでは、具体的にハイブリッド思考を身につけるにはどうすればいいでしょうか?

デザイナーの思考法に習い、まず大量のビジュアルや一次データをインプットします。

そして、それに対し、組み合わせをずらしたり、逆張りしたり、混ぜ合わせて、ひたすら新しい組み合わせを考えます。

最終的に、取り留めなくなったアイディアに対し、余計なものを削ぎ落とし、一番重要な点を整理し、ストーリーテリングや体験など、アイディアをもっともよく伝えるためのやり方で表現していきます。

それを繰り返すことで、自分なりの新しい切り口のアウトプットを作れるようになっていきます。

そして、常に新しい切り口を探すための思考を、日々実践していくことが必要です。

ハイブリッドな思考法を実践するときのポイント

ビジネスマンに多い左脳優位の人が、右脳思考を実践していくためには捨てないといけないことが2つあります。

1.すべての情報を厳密に処理しない

膨大なビジュアル情報を完全に分析することは不可能です。これまでに慣れ親しんだ、厳密に情報をまとめないといけないという真面目すぎる心がけを捨てる必要があります。

2.不明確な状態を恐れない

右脳思考を実践すると、論理が通らない飛躍が多々発生します。全体図を見失い、スッキリしませんが、思考の飛躍をうむためには、混沌とした不明確な状態をも良し!とすることが必要です。

将来への解決策を創り出すスキルとは?

著者は、デザインスクールに留学して学んだことの中で、最もインパクトが大きかったことは「日々、自分なりにクリエイティビティを発揮して、たえずモノを創りながら生きる生き方って、幸せだなと」と思えたことだと言っています。

具体的には、企画やデザインやイノベーションの仕事において「役に立つ」ことだけではなく、課題を回しながら、今までに使っていなかった脳を刺激し、心地よいと感じるようになってきて、創り出すための方法を理解したことで、日々の生き方に対する大きな変化があったとのこと。

そのような感覚において、著者はIDの後輩である佐々木康裕氏のブログから以下のように引用しています。
“IDでの秋学期を通じ、想像以上に多くのものを手に入れている。瞬間瞬間に学び、全身の細胞で学びを吸収している感覚がある。”
(~中略~)
“なぜこんなにヒトへの愛着がこれまでになく高まっているかというと、それはIDの授業で、徹底して人間中心主義を叩き込まれたから。ヒトを観察し、インタビューし、彼らの奥の声に耳を傾け、いつ相好を崩し、いつ眉間に皺を寄ったかをじっと見る。”
(~中略~)
“今は、自分が携わっているソリューションの完成度の成否を数値で計りたいというモチベーションはほとんどない。その代わりに日々問うているのは、「自分のソリューションの使い手にどういう感情を抱いてほしいか」「頭にユーザとして思い描いている彼女はこのプロダクトを手にとって笑顔になってくれるだろうか」”
(~中略~)
“こんなことを考えていると、ヒトに対する興味や他人に対するエンパシーがとても強くなり、自分の周りにいるヒトがどういう感情を抱いているかのアンテナの強度がとても高まる。”
(~中略~)
“これはデザインがどうとかキャリアがどうとか外形的な話ではなく、これからのライフスタイルに影響を与えるような変化だな、とすら思う。”
デザイン思考の技術を学ぶことで、結果的に、自分なりの創造力を発揮して日々何かを生み出す生き方を学んだということ。

これは、最初の目的は「学び」であったが、「学び方」を学んだことで、物事や人生の捉え方そのものが変わったということでしょう。PCでいうと、なにか一部分を新しくアップデートした、というより、新しいOSをインストールし直して、根幹のシステムそのものから変わったというような感じでしょうか。

スピードが遅かったり、表現の仕方がアーティスティックではなかったとしても、毎日何かを生み出すという営みをしている最中は、生きている実感と充足感を持つことができます。

例えば、夕食を作る時、それも一種の創作だと考えたり、生活や環境に不満を感じた時は、愚痴を言う前に「本当の課題は何?」と、小さくても解決策をつくってみたり。生活の中で「デザイン思考」を頭の片隅に置いて、試行錯誤をしていく癖をつけること。

このようなスキルは、社会の変革期で将来に見通しが立たない中、解決策を創り出していかねばならない今の時代を生きる上でとても大事なことです。

これからコロナの影響は、生活面や行動だけではなく、政治や経済、教育や雇用、文化や芸術など、広範囲に渡り、これまで世界の前提となっていたものごとへの変容をもたらすことでしょう。

このような不安定な時代に、メディアやSNSによる大量の情報を浴びていると、先の見えない不安に取り憑かれます。そんな時、一旦情報を遮断して、自分の中のクリエティビティに出会ってみてはいかがでしょうか。

本書から、創造力の鍛え方についてのエッセンスを感じとり、独自の視点で問題を発見し、ユニークな切り口で解決する思考法を身につけるきっかけになればと思います。
この記事のキーワード:  

佐宗 邦威

おすすめ本