2019/09/11  カテゴリ 

プロジェクト

銀座の地酒立ち飲みバーをみんなでプロデュース! 〜「新しいクニザケ屋を作ろう!」第2回ワークショップ

前回のワークショップでは、「クニザケ屋」の店主、土屋さんことツッチーさんに「お店への想い」や「店主の人生経験談」を語ってもらいました(それにしても、幅広いマニアっぷりが露呈したディープな時間だったなぁ。笑)。

そして3チームに分かれて、デザイン思考の基本である<拡散><収束>を繰り返しながら、お店の魅力をとにかく、ほりさげ、ほりさげ……
お酒を片時も離さずワークが進んだ、もはや伝説の? ワー...

お酒を片時も離さずワークが進んだ、もはや伝説の? ワークショップ

「新しいクニザケ屋」のコンセプトをプレゼン形式でアウトプット!
その姿は、まるでミュージカルのよう

その姿は、まるでミュージカルのよう

>>第一回の詳しい様子は、こちらもご覧くださいね!

「クニザケ屋ってどんなお店?」をとことん考えてもらった1回目。
2回目の今回は、お店だけではなく、お店を出す予定のまちへ飛び出して、あらためて『クニザケ屋』を考えてみましょう!

「クニザケ屋」を「まちとの関係・近隣店舗との関係」から考えよう!

集まってくださったのは、12名のお酒好きの皆さん。
(今日もお忙しいなか、ありがとうございます!)
PLAYFUL(楽しさ)な笑顔でお出迎え!(手前:店主...

PLAYFUL(楽しさ)な笑顔でお出迎え!(手前:店主ツッチーさん・奥:ワークショップデザイナーの竹丸さん)

「前回は『クニザケ屋ってこんなお店だよ〜』というのを考えました。今日は、お店を出す予定のまちへ、みんなで繰り出してみたいと思います!」と、ファシリテーター&ワークショップデザイナー竹丸さん。

お店を出す予定のまちは、歌舞伎座もある「旧木挽町(※1)」と呼ばれるエリア。銀座の中でも落ち着いた、大人の趣があるまちです。
地図を使ってまち歩きのルートを説明する、店主ツッチーさん

地図を使ってまち歩きのルートを説明する、店主ツッチーさん

(※1)「旧木挽町」とは
もともとクニザケ屋のある「旧木挽町」エリアは、銀座の中心地から少し外れた、落ち着いた雰囲気。江戸時代、江戸城の修復のための木挽職人が多く住んでいたことが名前の由来だそう。現在はその町名は使われていませんが、今でも「木挽町通り」をはじめ、ところどころに名残が。昭和後半までは印刷会社が多くありましたが、現在は隠れた飲食の名店が点在しており、「裏銀座」として注目され始めています。
今回のまち歩きの趣旨は、「お店だけでなく、街との関係や、近隣のお店との関係も含めて『クニザケ屋』を考えてみよう!」というもの。

そして、ミッションは、
①気になった(人、モノ、店)
②ここが好き!木挽町
③思い出の場所の3つのポイントを見つけてくること!!
みなさん、スマホで写メってきてくださいね〜!

みなさん、スマホで写メってきてくださいね〜!

ではさっそく、スマホを持って、まちへ繰り出そう!
レッツゴー!

まち歩きで「旧木挽町」を体感・発見!

ワーク1 気になった人、モノ、店を写真におさめよう!

まち歩きって、なぜだかワクワクしますよね!
木挽町にゆかりのある人も、ない人も、みんなと一緒だとなおさら楽しい様子。
こんな小さなお供さんも参加してくれましたよ!ほっこり〜

こんな小さなお供さんも参加してくれましたよ!ほっこり〜

(なんとなく、まち歩きの様子はモノクロでお届けいたします!)

まずは、「旧クニザケ屋」を訪問!
住所は銀座一丁目。番地の看板もお店のアクセントに

住所は銀座一丁目。番地の看板もお店のアクセントに

こんな大通りに面した角地にあったんだ!
でもとっても静か。にぎやかな銀座中心地とは、ずいぶんと雰囲気が違いますね。
店主の説明を聞きながら写真を撮るの図。何かのツアーみた...

店主の説明を聞きながら写真を撮るの図。何かのツアーみたい(笑)

周辺には、落ち着いた雰囲気のお店も点在していて、
中には看板のないお忍び?的なお店も。う〜ん、大人な銀座って感じ!
雰囲気からして美味しそうで思わずパシャリ。おなかすいてきた〜

雰囲気からして美味しそうで思わずパシャリ。おなかすいてきた〜

古くから残る、趣のある建物もたくさん。
すてき〜!窓がかわいい〜!とみんなが足を止めた昭和初期の建物

すてき〜!窓がかわいい〜!とみんなが足を止めた昭和初期の建物

こちらの建物は「歴史的な価値を有する建造物」として『東京都選定歴史的建造物』に選定されていました。ずっと残ってくれるといいな。

木挽町界隈には、立ち飲み屋さんもチラホラ。
常連さんがよくはしご酒を楽しんでいるらしい近隣の立ち飲...

常連さんがよくはしご酒を楽しんでいるらしい近隣の立ち飲み屋さん

競合店!?と思いきや、店主同士の交流もあり、はしご酒を楽しむ常連さんも多いのだとか。とてもすてきな関係性ですね!

そして、みんなの目が止まったのがこちら。柳の木。
柳の木が街路樹としてそこかしこにありました

柳の木が街路樹としてそこかしこにありました

「最近、柳の木って見ないよね」「確かに〜」
中には「銀座といえば柳のイメージ」という方も。
銀座には「柳通り」もありますし、どうやら何か深い関係がありそうですね。

と思って調べてみたら、柳は「中央区の木」でした!
「銀座」と「柳」の歴史は明治時代にまで遡り、欧米並みの街路樹を植栽しようと数種類の樹木を植えた中で、銀座の土に合ったのが柳の木だったそう。当時、柳は街路樹に選ばれるような樹木ではなかったようですが、逆に新鮮だ!ということで「銀座の柳」として定着したのだそう。その後、車道拡張や関東大震災による消失で銀座から柳の木がほぼなくなる危機もあったそうですが、昭和59年に「銀座の柳」復活活動により再興、現在に至ります。そしてなんと、小学校で「銀座の柳染課外授業」というのが行われているそう!知らなかったー!

さて、それぞれの視点でまちの風景をカメラに収めたら、
会場へ戻って共有です!

ワーク2 まち歩きで感じたことをみんなで共有!

会場に戻ると、そこには……
本日も「クニザケ屋」店主ツッチーセレクトの日本酒が!(わーいわーい!)
「のとのなつやすみ」が気になります!

「のとのなつやすみ」が気になります!

さっそくみんなで笑味!おいし〜!
のどを潤したら……みんなが撮影してきた写真をスライドで見ながら、感じたことや発見を共有していきます。
それぞれの視点でカメラに収めた風景と感じたことを語り合い

それぞれの視点でカメラに収めた風景と感じたことを語り合い

飲食店、趣のある建物、街全体、公園、通りの看板、歌舞伎座ビル、などなど……被写体は同じでも、それぞれ感じることはやはり違っていて。

例えばこちら、誰もが目を引く真っ赤なトマトビル!
真っ赤なトマトのペイントが特徴的なトマトビル

真っ赤なトマトのペイントが特徴的なトマトビル

「有名な美味しいお店が入ってるビルだよね」
「突然こんなトマトのビルがあってびっくりした。なぜ?」
「初めて通ったとき、おしゃれだなーと思った」
という意見もあれば、

このビルを見ると「日付が過ぎてまでクニザケ屋にいたな〜と思い出す」という声も。店主ツッチーさんを「東京のお父さん」と表現していた彼女。「終電ギリギリまで、悩みを聞いてもらっていたのかな……?」なんて、想像しちゃいました。

写真を見せながら、楽しそうに話をしてくれたみんなの意見。
とても書ききれませんが、付箋に書きとめたら……こんなにたくさん!
すごい量の付箋になりましたよ

すごい量の付箋になりましたよ

出た意見はカテゴリーでごとに分類。
これは次回のワークショップでまた使う予定

これは次回のワークショップでまた使う予定

ここまででも、なんだかてんこ盛りな感じですが。今日はこれからが本番!
さあ、次のワークに行きましょう!

ワーク3 お店のプロトタイプをつくろう!

デザイン思考の基本、<発散><収束>でアイデアを出し切ったら……
そう、次はプロトタイプの作成です!

まずは、ワークショプデザイナーの竹丸さんから、第1回ワークショップのおさらいと、プロトタイプについて説明がありました。
前回のワークショップ内容を説明する竹丸さん

前回のワークショップ内容を説明する竹丸さん

「前回のワークショップで出た意見を整理したところ、『店主ツッチーさんの魅力ウエイトがかなり大きい』こと、一見さんの来店動機は日本酒や口コミ(ただ入るまでには店内が見えなくて入りづらい壁がある)、常連になると来店動機は『一人で入れる。隠れ家っぽい、行けば仲間がいる』そんな内容に変化していることが見えてきました。一見さんから常連さんへ変化するきっかけやポイントがありそうです。」
「また前回、『オープンエアーがいい』という声がありましたが、夜の街を歩いてみたら『案外クローズドの方がいいのかも』という発見もありましたよね。今回、まち歩きをしたことで新たに感じたことを含めて、プロトタイプを作ってもらえたらと思います。」

そして、おもむろに登場したのはこちら…ジャジャーーン!
前回のワークショップで出た意見を元に、みんデザスタッフで作成したプロトタイプ1号。
子どもから大人までおなじみのLEGOで作ったプロトタイ...

子どもから大人までおなじみのLEGOで作ったプロトタイプ1号!

・オープンエアー席が欲しい!
・お客さん同士が接する、どこからでも店主が見える!
・お尻をもたれかけられるの必須!
・できるだけ死角がないように!
・奥まった席は、お客さんが手伝う!(セルフカウンター)

そんなみんなの意見をもとに、楽しくプロトタイプを作ってみましたよ!
LEGOプロトタイプを出した時の皆さんの反応。盛り上が...

LEGOプロトタイプを出した時の皆さんの反応。盛り上がってよかった!

そして、ここからがみなさんの出番。
プロトタイプ1号をベースに、プロトタイプ2号を作ってもらいます!

①お店づくりチーム
②まちづくりチーム
③関わる人たちチーム
の3チームに分かれて、さあ、LEGOタイムスタート!
大人も子どもも、一緒に楽しくできるのがLEGO!

大人も子どもも、一緒に楽しくできるのがLEGO!

楽しそうなお店づくりチーム。
なんだか、橋?2階?を作っている模様。しかも、その上に人を座らせている!?(笑)自由な感じがいいですね!
独創的なアイデアでどんどん増築

独創的なアイデアでどんどん増築

関わる人たちチームも、和気あいあいと人々を作成中。
よく見ると、すごくキラキラしているお姉さんが。誰でしょ...

よく見ると、すごくキラキラしているお姉さんが。誰でしょうか(笑)

わいわいガヤガヤ。笑いごえが飛び交いながら、各チーム盛り上がっています!
プロトタイプづくりって楽しい!!

そして、各チームの発表!


①お店づくりチーム
なんだか、店舗面積がググーンと広がっている!

なんだか、店舗面積がググーンと広がっている!

外で飲めるスペースが欲しい! そこに木があったらいいな! とオープンエアスペースを増築してくれました。そしてなぜかロフトも(笑)
ワクワク感が伝わってきますね!
看板には、今日のオススメをいっぱい書いて欲しいそうです!


②まちづくりチーム
LEGOを前に真剣に語りだすまちづくりチーム

LEGOを前に真剣に語りだすまちづくりチーム

まちのよいところとして、以下の3点をあげてくれました。
・古い建物がある
・柳がある
・近くに立ち飲みがある

そして、まち歩きをしてみて「他の飲食店あってのお店なんだな」と感じたのだそう。だからこその、こんな提案をしてくれました。

「持ち込みOKにしたり、近所のお店からデリバリーをしたり、向かいのイタリアンで買ってきていいよ!など、周辺店舗と付き合いもできるし、おなかがすいてる客へも対応できる、ワンオペで調理場もいらない、そんな仕掛けができたら良いのでは」

例えばクニザケ屋が銀座ではなく住宅街の真ん中にあったとします。周りにはしご出来るようなお店や食べ物のお店がないし、そもそも会社帰りの人が通りかからない。そんな場所だと成立しないんですよね。近隣のお店あってのクニザケ屋。店内をより良くするのも大切だけど、店主ツッチーさんが街に出て、関わって、「まち」と「クニザケ屋」 を盛り上げるのもアリなんじゃない!?という大きな提案です。

まち全体を盛り上げるところまで話が膨らむなんて、まち歩きってすごい!!!


③関わる人づくりチーム
楽しそうに「関わる人」の説明をするメンバー。PLAYFUL!

楽しそうに「関わる人」の説明をするメンバー。PLAYFUL!

こちらもとにかく楽しそうに、関わる人たちを作ってくれていましたが、さて、どんな人たちができあがったのでしょうか?

登場人物は
・美人なお姉さん(あの、キラキラしていた人だ!)
・昭和なサラリーマン
・はぁーい!と言っている外国人
・今日は疲れたーー!!という人

そんな人たちが、みんな行けるお店だといいな。
そして、インバウンドの観光客を取り込むのもアリなのでは!?と提案してくれました。

常連さんもいるし、きっとお店は普通に繁盛するとは思うものの、5〜9時の早い時間帯にお客さんが少ない気がする。子連れのお母さんだったり、インバウンド狙いで「47都道府県の飲み比べ」をアピールしてみたらいいのでは!?とのこと。
これもまた、お店としての幅が広がりそうですね!


こちらが、3チームの案を合体させた「プロトタイプ2号」完成版!
店舗だけだった「プロトタイプ1号」に比べ、ずいぶん動きが出てきました!
LEGOだとお遊びに感じちゃう?いえいえ、PLAYFU...

LEGOだとお遊びに感じちゃう?いえいえ、PLAYFUL!で真剣ですよ!

やっぱりみんなで考えると、いろいろな意見が出て面白い!
し、とっても幅が広がりますね〜。

そして、まちを歩いてみることって、本当にだいじだなーと感じました。だって「事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きてるんだ!」
ですもんね!!(古い??笑)


最後に、竹丸さんより総評をいただいて今回のワークショップは終了!
皆さん、おつかれ様でした!
<竹丸さん総評>
1回目のワークショップで見えてきたのは、お店よりも「人」でした。常連さん、店主、初めてお店に来る人たち。もちろん、お店の中身の魅力もたくさん出たのですが、重要だったのは、街の中でどんな人がここに来るのかなということ。実際に街へ出て、街の空気感と自分の肌感の掛け合わせから、クニザケ屋さんを見て欲しかったのでした。
ワークショップのキーポイントに「身体性」というものがあります。付箋を貼っているだけでは出てこないものが実は重要。街に出て、自分の言葉でクニザケ屋にまつわる周辺のことを対話することで、新しい視点を持てました。レゴを使ったのも、手を動かして「Yes,and」で積み重ねていく、新しい視点を出したかったからです。今回、「街」との関係性を絡めた新しい企画も登場して、おもしろい発見がいっぱいでした。
次回は、これまでのワークショップで出た意見とプロトタイプをもとに、さらに具体的な検討を進めていく予定です。 お楽しみに!
この記事のキーワード:  

店舗プロデュース

共創