2019/10/24  カテゴリ 

インタビュー

明日から使える!〜会議で対話がうまれる「ラクガキ」の秘訣を聞きました!

デザイン思考の「共創」には、対話がうまれる場づくりが必要ですよね!(必要性を詳しく知りたい方は、こちらをチェック!)

そんな「共創」を、より楽しく活性化するツールのひとつとして、「ラクガキ」があるのはご存じですか?

「ラクガキって、授業中にノートの端に描いてたアレのこと?」
そう、アレのことです! 大人になりいつの間にか「絵は苦手……」と思っている方も、子どもの頃は純粋に、ラクガキを楽しんでいたのではないでしょうか!

今回は、そんな身近な「ラクガキ」を、ビジネスに活用している人たちがいるというので、お話を伺ってきました! すぐに使える、目からウロコ! のラクガキの秘訣も教えてもらったので、苦手意識がある方も、ぜひトライしてみてくださいね。

編集部もさっそく体験!対話がうまれるラクガキマジック

到着したのは、富士通デザイン株式会社さんのオフィス。
どうやら、富士通の社員さんでありながら、社内外のメンバーを巻き込んでコミュニティチームを組み、ラクガキをビジネス活用している方々がいるようです。
いったい、どんな活動なのでしょうか?その辺りから聞いていきましょう!

迎えてくださったのは、トレードマークのドット柄シャツがお似合いの タムラカイさん(タムカイさん)と、朗らかな笑顔がお美しい 松本花澄(かすみさん)さんです。

編集部:初めまして。よろしくお願いします!
左:かすみさん、右:タムカイさん。ドット柄がお似合いです。

左:かすみさん、右:タムカイさん。ドット柄がお似合いです。

お二人:よろしくお願いします〜!
<プロフィール>
タムラカイ:
デザイナー / ラクガキコーチ / グラフィックカタリスト
「世界の創造性のレベルを1つあげる」をミッションとして、人材育成や組織マネジメント、チームビルディングについてのワークショップや、オリジナルのツール開発などを行なう。
自身の経験をベースに「ラクガキ」から生み出したコミュニケーションメソッド「エモグラフィ」や、グラフィックレコーディング・ファシリテーションなど、「描く」という表現行動を用いた分野ではトップランナーの1人として、大型カンファレンスや様々なイベントなどで活動している。

松本花澄:
グラフィックカタリスト / HCD-Net認定 人間中心設計専門家
UXデザイン・コンサルに携わるなかで、思考/議論の可視化や共創に興味を持ち、自身のスケッチノートやグラフィックレコーディングを公開する「えほんやく」の活動を開始。2016年富士通デザイン株式会社に入社し、より上流の体験価値創出や共創によるイノベーション創出を担当。様々な現場で「描くこと」を通して、「参加者の当事者感を高め、次の一歩を踏み出す支援をすること」を目標に活動している。
編集部:まず、お二人はどういったチームなのでしょうか?簡単に教えてください!

タムカイさん(以下、タムカイ):私たちは、「グラフィックカタリスト・ビオトープ」というチームを組んで、「絵を描くこと」を通して、皆さんの思いを「見える化」する活動をしています。
世間的には「グラレコ(※)」という言葉で注目を集め始めていますが、僕たちは「グラフィックレコーダー」ではなく「グラフィックカタリスト」と称して活動していて、会議のレコーディングをするだけでなく、ファシリテーションを含めた「場づくり」まで関わることも多いです。
(※グラレコ:グラフィックレコーディングの略称。議論や対話、イベントの内容をリアルタイムに絵や文字で表現する手法)

編集部:それは、社内活動なのでしょうか?

かすみさん(以下、かすみ):社内も社外も、どちらもあります。社内だと、私は役員会議などの相談が多いです。会議に入り込み、グラフィックレコーディングなどの可視化手法を使って、普段の会議では言いにくいようなことを聞き出す仕事をしています。社外でも、組織開発の場などに入って、お互いの思いを伝え合う「場づくり」のお手伝いをすることが多いですね。例えば……
すてきな笑顔でインタビューに答えてくれるかすみさん。ん...

すてきな笑顔でインタビューに答えてくれるかすみさん。ん?その横で……

編集部:ん?ちょっと待ってください。そうこう話している間に、タムカイさん、なにか書いてますね。それはなんですか?

タムカイ:あ、すみません。癖で(笑)
ずいぶん怖い顔でメモしているなと思っていたら……

ずいぶん怖い顔でメモしているなと思っていたら……

編集部:えっ!いつの間に!?(わいのわいの、盛り上がる編集部メンバー)

タムカイ:もともと、僕は、人と話す時は必ずラクガキをしている人間でして。自分の中では、描くことが当たり前なんですよね。隣にいるかすみんもそう。「グラフィックカタリスト・ビオトープ」は、そんなメンバーが集まりできたチームです。

編集部:なるほど。お二人の活動のアウトラインが見えてきました!
そして、タムカイさんのラクガキのおかげで、なんだか一気に場が和み、俄然インタビューしやすくなりました。これぞ、ラクガキマジックですね!

イラストを仕事で活用するようになったきっかけは?

編集部:さて、場が和んだところで、いろいろとお伺いできればと思うのですが、おふたりは、最初からイラストを仕事に活用していたのでしょうか?それとも、何かきっかけがあったのですか?

かすみ:私はもともと、前職でUXデザインやコンサルの仕事をしていました。クライアント先にパワポで作った資料を持っていくのですが、「サービスを使うことでユーザーにどうなってほしいのか」「サービスの目指すべき方向性」など、私が提案したいことがなかなか伝わらず、ジレンマを感じることが多くて。皆さん、言葉尻りやグラフの精度などに目が行きがちなんですよね。中には内職を始めてしまう人もいらっしゃったり。
「言いたいことが全然伝わらないな」と。そんなある日、上司に「そのノートを持っていけば?」と言われたんです。

編集部:ノート、ですか?

かすみ:はい。私はもともと、話したいことをノートにイラストで描いてから、その内容を言語化してパワポ資料を作っていまして。「そのノートを、そのまま見せたらいいんじゃない?」と。持参してみたら「こんなに考えてくれていたんですね!」と、とても喜ばれ、「見てもらえた! 伝えたいことを伝えられた!」と手応えを感じました。

編集部:それは、とても興味深い体験ですね! そのノート、ぜひ拝見してみたいです。

かすみ:ノートの実物はないですが、ノートをスキャニングして、当時の体験をイラストで書き起こしたものがあります。それを見ていただくとわかりやすいかも。
そう言いながら、数秒でパソコン画面を私たちに向ける、か...

そう言いながら、数秒でパソコン画面を私たちに向ける、かすみさん。仕事が早い!

編集部:これがその時のノートですね。確かにとてもわかりやすい! 今お伺いしたお話も、言葉だけでなくイラストがあることで、その時のかすみさんの気持ちやクライアントさんの様子が、よりわかりやすく、瞬時に伝わってきました!

ーーこちらが、かすみさんが当時の体験をイラストに起こしたもの。
読者の皆さんにも、イラストの伝わりやすさをぜひご体感いただきたく、一部抜粋で、4コマ漫画風にお届けします!(byみんデザ編集部編)
プレゼンで悩んでいたかすみさんに、上司がひとこと「それ...

プレゼンで悩んでいたかすみさんに、上司がひとこと「それ持って行けばいいじゃん」

プレゼンは大成功!かすみさんはそれからイラストを活用す...

プレゼンは大成功!かすみさんはそれからイラストを活用するように!

(全編は、記事文末のリンク先からもご覧いただけますので、ぜひ!)


編集部:いや〜、いいものを見せていただきました。ありがとうございます! ちなみに、パワポとイラストは、同じ内容だったのでしょうか?

かすみ:はい、同じです。お客様に見せる提案資料って、こういう絵は失礼だと勝手に思い込んでいて、パワポには全く絵を入れていませんでした。ノートは絵ばかりでしたが(笑)
当時はグラレコという言葉も知らず、絵を描きながら考える方が私にはやりやすかっただけなのですが、「自分の頭を整理するための可視化」だったイラストが、「伝えるための可視化ツール」になった瞬間でした。

編集部:パワポ資料にしたら、伝わらないものがあった。そこには何か、落っこちてしまったものがあると思うのですが、それは何だと思いますか?

かすみ:「感情」かな、と思います。私の絵は感情表現が豊かなのが特徴で、例えば「人とウェブサービスがどういう関係でありたいのか」をイメージするために、顔や手足があるウェブブラウザが、人と手をつないだり踊ったりしている絵を描いたりしていました。しかしもちろん、パワポ資料にはそんな絵は入れておらず、言葉だけでそれを表現しようとしていました。その言葉にどんな感情が込められているのか、どんな文脈があってこの言葉を導き出したのか、そういうところが抜け落ちていたのかな、と思います。
図や文字情報では伝わりきらないものがある、とかすみさん

図や文字情報では伝わりきらないものがある、とかすみさん

編集部:確かに、先ほどのエピソードも イラストを見せていただいたら、関わる方の「感情」や「場の空気感」みたいなものが瞬時に伝わってきて、お話だけで想像していたよりも グン! と理解が深まりました。「行間を読む」という言葉がありますが、読み取ろうとしなくても、イラストがそれを補完してくれるというか。スピードを求められる時代だからこそ、イラストの役割は大きいかもしれませんね。
もうひとつ、かすみさんにお伺いしたいのですが、会議の場でイラストを活用することのメリットは何だと思いますか?

かすみ:普通に話し合っていると、「誰が言ったか」が重要になってしまうことがありますよね。
でも全員の意見を役職や声の大小関係なくグラフィックレコーディングすることで、紙の上では全員が平等になり、参加者に安心感を与えることができます。「人対人」のバトルになりやすいシチュエーションでも、紙に描くと一歩引いて客観的に見られるようになる。自分の意見を言いやすくなるし、相手の意見も聞きやすくなるんです。

編集部:「場の安心感」と「客観性」がうまれることで、フラットな対話がしやすくなるということですね。共創には欠かせないポイントです!

共に成長し合える関係性が、本業にも良い効果をもたらす

編集部:タムカイさんは、以前からイラストを仕事で活用していたのですか?

タムカイ:僕の場合は、仕事とイラストがくっつくことはなくて。あくまで仕事とは別に、イラストを描くことをしていました。
10数年前、望まないジョブローテーションをきっかけに「富士通さん」ではなく「タムラさん」と呼ばれるようになりたいなと思い、最初はブログを始めたんです。でも、そこそこ注目を浴びるようになった時に、「あれ?俺、ブログやりたかったんだっけ?」とふと気がづいて(笑)
そんな頃、ブログの挿絵を見た知人から、「絵を教えてほしい」と言われまして。彼は「絵を描くのが楽しいと思ったことがない」と言うんですよね。僕は、うまい絵の描き方は教えられないけれど、ラクガキを楽しく描くことだったら伝えられる。じゃあやってみよう! と、ラクガキ講座をスタートしたのが始まりです。
タムカイさん、やっとイラストを描く手を止めて話し出して...

タムカイさん、やっとイラストを描く手を止めて話し出してくれましたよ!

編集部:なるほど。いろいろと模索する中で、ラクガキ・イラストが自身のアイデンティティとして確立されていったんですね。

タムカイ:そうですね。「描いて楽しいと思ってほしい! 」という気持ちと、自分自身の未来への道筋を、自分の絵とともに描いていく中で、よいものも悪いものも見えてきて、自分がやりたい事をどん! とやってみたら、すごく楽しくて。いろいろとやってみた中で、しっくりきたのがラクガキだったんです。
その後、ブログで取材などもしていたので、外に見せるためのラクガキを描く、ということを始めました。そうこうしているうちに、出版オファーがきて「ラクガキノート術」という書籍を出版しました。
ラクガキノート術(著者:タムラカイ)

ラクガキノート術(著者:タムラカイ)

編集部:やりたいことを楽しくやっていたら、書籍出版まで広がった。素晴らしい展開ですね。若者にも夢を与えてくれそうです!
グラフィックカタリストの活動は、どのように始まったのでしょう?

タムカイ:当時、アメリカで「スケッチノート」というのが流行っていまして。自分は「ラクガキノート」と言いながらウェブで発信していたら、「最近、グラレコというらしいよ」と友人に言われ、じゃあ、とグラレコと言い始めました。でも、ただ単にレコーディングしたい訳じゃないし……と、「グラフィックカタリスト」という言葉をつくり、活動を始めたんです。
最初はひとりでやっていたんですが、社外での大きなイベントも増えてきて、これはひとりじゃ無理、仲間がいるなと。一度、社内でまとめてみても面白いかな、とグループ内で声をかけました。最初は4名、かすみんが入社してきて一本釣りし(笑)、その後、社外メンバーも加わり、今は20名ほどのメンバーがいます。
カタリストメンバーによるワークショップ風景

カタリストメンバーによるワークショップ風景

編集部:おひとりで始めた活動が、仲間を得て徐々に広がっていったんですね!
冒頭で、「場づくり」にまで関わるというお話がありましたが、具体的には、どのような形で関わるのしょうか?

かすみ:まずはどういった想いで、どのような場を作りたいのかをお伺いし、その上で私たちがお手伝いできることがあれば、様々なご提案をさせていただいています。
例えば、今年の2月に開催されたマルハニチロ株式会社様の「女性社員向けダイバーシティフォーラム」では、「場の雰囲気を残し伝える目的でグラレコをお願いしたい」というオファーでしたが、「じっくり自分たちのありたい姿を考え、対話をしたい」というお話を伺い、タムラが開発した未来を描くメソッドや、対話を促進するためのツールをご提案しました。先方にも体験いただいた上でぜひ使いたいとなり、一緒に内容をブラッシュアップする形で場のデザインをしていきました。
ファシリテーションをするタムカイさんと、グラレコを担当...

ファシリテーションをするタムカイさんと、グラレコを担当したかすみさん

ワークショップでは、テーブルを回りながらファシリテーションも

ワークショップでは、テーブルを回りながらファシリテーションも

編集部:なるほど。クライアントとの対話から本質的なニーズを捉え、グラレコに留まらない「場づくり」の提案をされているんですね。一緒にブラッシュアップしてくれたら、クライアントさんとしても、とても心強いですね!
ちなみに、ちょっと気になるのでついでにお伺いしちゃいますが、これだけの規模の外部イベントをされていると、社内でもかなり注目されると思うのですが、立ち位置といいますか、富士通さんの中では、どんな存在なんでしょうか??

タムカイ:うん、異端。笑笑

かすみ:ですね。笑(一同:ですよね。笑)
思わず苦笑するおふたり。でもその雰囲気がステキです!

思わず苦笑するおふたり。でもその雰囲気がステキです!

タムカイ:会社という組織は、組織である以上、やるやらないを選べない、決められないことも多いですよね。売上も追求しなくてはいけないですし。どうしても、そっちが正義になる。
一方、僕らの活動は、売上追求をしなくてもいい分やりたいことに全力をだせますし、その結果がポートフォリオとしてまとまっていく。あとは案件がくると、担当するメンバーに権限委譲するような構造になっています。最近よく耳にする「ティール組織(※)」に似ていますね。興味ある人間にやってもらえばいいし、本人のやりたいこと、を意識して活動しています。
社内外の仕事はちゃんと線引きしてやっていますが、本業に戻ったときに、明らかに成長具合が違ってきていて、「あそこに関わっているやつらはいい感じだぞ」という評価は感じています。
(※ティール組織:従来のビラミッド型組織とは大きく異なり、全員が主体性を持ちフラットに協力しあいながら社会に価値を提供する、独自の組織構造や文化を持つ次世代型組織モデルのこと)

かすみ:メンバーも厳選していて、安心して任せられるか、モチベーションが高いかをしっかり判断しているので、居心地がよく、成長し合えるなと感じますね。

編集部:なるほど。常に成長し合える関係性が、本業にも良い効果をもたらしているんですね。それって、私たちのいう「実践コミュニティ」かもしれませんね!

タムカイ:デザイン思考をする上でも、やってみないとわからないところもあるじゃないですか。そういう意味で、「グラフィックカタリスト・ビオトープ」は、実験の場、プロトタイプだと考えて活動しています。
お話を伺っているおふたりの雰囲気からも、とても良い関係...

お話を伺っているおふたりの雰囲気からも、とても良い関係性が伝わってきました!

最後に「すぐに使える、目からウロコ!のラクガキの秘訣」も教えてもらいました!

編集部:最後に、美大とか出ていなくても、やってみようかな! と思ったとして、すぐにイラストが描ける簡単な方法などがあれば、教えていただきたいのですが……

かすみ:エモグラフィですかね。

編集部:え! あるんですか⁉︎(ほぼ、ムチャぶりと思っていた編集部)

タムカイ:うん、ありますよ。誰でも簡単に「5×5×4=100通りの表情パターン」がすぐに作れる「エモグラフィ®︎」というのを開発しました。
おもむろに、◯ をたくさん描き出す書き出すタムカイさん

おもむろに、◯ をたくさん描き出す書き出すタムカイさん

タムカイ:「口」と「目」が、5パターン。それに、4パターンの「眉毛」を組み合わせることで、100通りの表情が簡単に描けるんです。口を入れ替えると……ほら、然違う表情になるでしょ?
口の形が変わるだけで、いろいろな表情に早変わり!

口の形が変わるだけで、いろいろな表情に早変わり!

編集部:本当だ! すごい、エモグラフィ! なぜ作ろうと思いついたんですか?

タムカイ:みんなが、何が描けたらうれしいかな?と考えた時に「顔だな」と思いついたんです。脳は人の顔にとても敏感なのですが、丸が3つあると顔に見えるシミュラクラ現象というのがあって、これが心霊写真の正体とも言われたりして、さらにそこに表情があると、脳は勝手にどんな表情か読もうとする。表情を一瞬で認識できるんですよ。
それと、今って何かと早く正解を出す教育をされてきていますよね。でも、本当に大事なのは、「正解」ではなく「解釈」だと思うんです。「なんで怒っているんだろう?」と考えることこそ、大事ですよね。

編集部:ユーザーの感情に焦点を当てること。まさに、ユーザビリティ、UXデザインですね。

タムカイ:先ほど、かすみんが「パワポの資料で抜けていたのは、感情だと思う」と言っていましたが、テキストの議事録が読むのがつらいのは、感情が伝わりづらいからなんです。それを一瞬で伝えたり、補完できるのがイラストです。LINEスタンプなども、そういう補完機能だろうなと思います。ちなみに、鼻を入れると違う人になりますよ。
本当だ!鼻が入ったら、一瞬で違う人に変身しました!

本当だ!鼻が入ったら、一瞬で違う人に変身しました!

編集部:なるほど〜!!(編集部一同、納得のうなずき)
これなら、私でもできる気がします。早速練習して、明日からやってみたいと思います! 今日はとても貴重なお話をお伺いでき、私たちも勉強になりました。
お忙しい中、ありがとうございました!

ーータムカイさんが開発した「エモグラフィ®︎」はこちら
組み合わせたら100通りの表情がすぐにできちゃいますよ! さぁ、早速みんなで練習しよう!
「やるぞー!」「 オイコラ!!」「 マジカヨ」……かんたん!

「やるぞー!」「 オイコラ!!」「 マジカヨ」……かんたん!

おまけ
タムカイさんが書いてくれた「食べてもらえなくて泣いてい...

タムカイさんが書いてくれた「食べてもらえなくて泣いている人参さんを笑顔にする」カスタマージャーニー。イラストは子育てにも使えますね!

*タムカイさんとかすみさんが活動している「グラフィックカタリスト・ビオトープ」のホームページはこちら

*タムカイさんの書籍「ラクガキノート」はこちら

*記事中でご紹介したかすみさんの体験をまとめたイラストはこちら
「えほんやくの生まれ方と育て方」

もっと詳しく知りたい!という方は、ぜひご覧ください!